【六通袋帯】引箔 波に跳ねる鯉の模様 名物裂荒磯文

【中古品/六通袋帯】

鯉を意匠化した荒磯文(あらいそもん / ありそもん)は、中国から渡来して茶入等に珍重された「荒磯緞子」という逸品を、小堀遠州が好んで用いたといわれて人気が高まりました。 また、「鯉の滝登り」(端午の節句の鯉幟)は、お子様の成長を祈る吉祥文様として古くから重宝されており、お茶席などで、茶器の仕覆や掛け軸、袱紗に用いられる名物裂の文様です。
引箔にて織られていますので、織りのおキモノ・染めのおキモノどちらでも。着用年齢も問いません。手触りもなめらかで、ご使用感はございますが、美品です。

2種類の着物とコーデネートしてみました。

【訪問着】斉藤三才 流水文に匹田模様の雲取り
現代着物作家の斉藤三才氏の斬新な訪問着で、光沢のあるブロンズ色の地に、黒で描かれた流水文と、匹田模様の雲取りを組み合わせています。八掛にも斉藤三才オリジナルの鳥が柄付けされ、落款があります。この流水文に名物裂荒磯文を組み合わせて物語性のある着姿に。

【江戸小紋】青い大小あられの切り嵌め模様
江戸小紋の中でもカジュアル度が高い切り嵌め模様ですが、大名定め柄の『大小あられ』を青の濃淡で組み合わせているため、とてもスッキリとして武家好みの印象です。青い色を水に見立てて、名物裂荒磯文と組み合わせたらとてもお洒落です。

※帯のみの販売です。着物、帯揚げ、帯締めはついておりません。

■素材:正絹
■帯幅:約30.8cm 
■全長:約432cm
販売価格
37,800円(税2,800円)
購入数