【六通袋帯】じゅらく謹製 幻の野蚕糸"黄金の繭"

【中古品/六通袋帯】

『じゅらく』は、伊豆蔵家一門、西陣織の名門です。

『じゅらく』が帯素材として開発した、黄金色の輝きを放つ不思議な天然の野蚕糸「黄金繭」から紡いだ糸を使用した袋帯です。

品のある紫と金の組み合わせ、創意工夫に富む風格のある意匠。現代的なモダン美が、格調高くゴージャスなのに、可愛らしさを感じさせます。柔らかくて締めやすい帯です。

またとないこの機会に、正統派の帯姿をご堪能ください。

訪問着・無地・附下などに。着用年齢は問いません。
薄い帯の締め跡がございますが目立った汚れは無く中古としては良い状態です。


【訪問着】加藤唐九郎 薄紫の「陶彩染 と合わせて見ました

「野の陶人」として知られる陶芸家 加藤唐九郎さんの志野焼きの銘品に想を得て、着物の世界に表現した「陶彩染」
陶器の肌を思わせる複雑な染め模様、多彩な色が重なり不思議な雰囲気を出しています。
紫の同系色の濃淡のコーディネートが、品格を感じさせます。

■素材:正絹
■帯幅:約31cm 
■全長:453cm
販売価格
49,680円(税3,680円)
購入数